新着順:32/196 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

軽症高額相当

 投稿者:南風  投稿日:2017年 7月29日(土)03時32分30秒
  通報
  前回、こちらに書込みをしたのは、何時だったか記憶がないです。
 私をご存じない方、初めまして。覚えていらっしゃる方、お久しぶりです。

夢紅さん
 初めまして。夢紅さん書込まれた事、かなり気になります。
実は、身近な者が特定疾患の対象となり(NFではない)、偶々、今、新規申請手続きをしています。
 そこで、窓口に申請用紙を受領に行ったときに、受けた説明をします。

先ず、第一に、その特定疾患に該当しなければ、認定されません。
第二に、その特定疾患に該当しても、一定の重症度でなければ、認定されない事が有ります。

但し、重症度を満たさなくても、「申請を行う月以前の12か月以内に於いて、指定難病にかかる医療費総額が、33,330円を超える月が3か月以上ある場合は認定される」そうです。
これは、「軽症高額該当」の扱いで、領収書等を必要とするそうです。
希望する場合、特定疾患の手続きと同時に申請すれば良いそうです。
予備的申請も可能と思われます。

 尚、窓口で受けた説明では、「33,330円は、全額自費の場合の数字で、窓口で支払った金額ではありません。」ということでした。

 私自身が、前回NFの申請をした時とは、制度が大きく変わっているので驚きました。

尚、夢紅さん書込まれている事、特に窓口の方の対応が解せないです。
もしかしたら、県の難病支援、あるいは、健康関係の窓口問い合わせてみてはいかがでしょうか?
 

新着順:32/196 《前のページ | 次のページ》
/196