新着順:74/195 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

夢紅さん

 投稿者:しょうちゃんメール  投稿日:2017年 5月29日(月)01時34分55秒
  通報
  夢紅さん
直接コメントの返事ありがとうございます。
自分の場合は2年前の手術ですが、逆流性食道炎の疑い(確認)で検査したら
食道や胃の外側(迷走神経)に腫瘍が有る事が解り、レックとして手術を受けました。

当初は「胸腔鏡下縦隔腫瘤の切除手術」でしたが、胃や食道への癒着で急遽開胸手術になり、9時間掛けての摘出でした。

今回は長男にレックが遺伝していて、健康診断で肺に影が写り、縦隔腫瘤の疑いで検査をはじめました。
その結果、自分の時より上部の声帯の神経に関わる反回神経に腫瘍(腫瘤)が有る事が判明したんです。

声帯に後遺症がでて、声がかすれる事は回避出来ない。
手術を遅らせると呼吸困難等の最悪な事が起こり得ると言う事で、早期の手術が必要。

上記の後遺症や早期の手術は、自分の執刀医も群大の医師も同意見でした。
その為、手術の準備(レック・神経線維腫Ⅰ型)の申請手続きも始めました。

数日中には、申請出来る見通しです。

また粘液嚢胞ですが、次男んが2010年に「唇粘液腫」でチョットした切除をしましたが
レックとは関係無いと言われた記憶があります。

http://jp1hsy59.blog.so-net.ne.jp

 

新着順:74/195 《前のページ | 次のページ》
/195